FC2ブログ


Entries

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

クレド モーツァルトの楽譜の前書き


趣味で合唱をしています。今、モーツァルトのハ長調ミサKV220(雀ミサ)に取り組んでいます。この楽譜がベーレンライター社の物で、前書きがドイツ語と英語の2つ書かれているのです。英語の方を訳してみたのですが、いくつかわからない点があります。PREFACEMozart composed the Missa brevis in C KV 220(196b),the later so-called Sparrow Mass,in Munich in February 1775. The mass was intended forSalzburg Cathedral however,as Mozart was in theemploy of Archbishop Colloredo of Salzburg.When composing the work,Mozart thus had tofall into line with the archbishop's instructions,which allowed a total duration of only 45 minutesfor a High Mass, even if he himself was celebrat-ing it. As this also meant that little time could begiven over to church music, Mozart had to leaveout any form of imitative compositional style. Thechoir is treated homophonically virtually through-out the work, although various text passages inthe Gloria and the Credo are actually to be heardsuperimposed.Although this form of polytexturehad been forbidden since the Council of Trento,it was nevertheless often used and has resulted inthe case of the Sparrow Mass - which owes itsname to the chirping violin figures in the Sanctusand in the Hosanna of the Benedictus - in theGloria and Credo taking almost less time thantheir respective Gregorian counterparts. This arrangement for solo voices, chorus andorgan is based on the urtext of the New MozartEdition. lt can be played on any two-manualinstrument. Directions for registration have delib-erately not been included, as this will largelydepend on chorus strength and of course the spe-cification of the particular organ. However it willcertainly help to have the original tonal designin mind. This arrangement does not demand thatthe orchestral sound be imitated with the meansof the organ;it would merely like to offer a self-contained version tailored to this medium of per-formance. Christoph Heimbucher・1つ目モーツァルトが作曲にあたって、コロレド大司教の指示に従わなければならなかったのはわかりました。ミサ典礼の全体の時間が45分とありますが、このミサ曲の長さは17分ほどです。この45分というのが誤植でないならば、ミサの式典自体は45分で、その中で音楽に使える時間がとても短かったということになりますが、この読み方であっていますでしょうか?・2つめ16行目の「Although~Gregorian counterparts.」の部分の訳が一番頭を悩ませています。「ポリフォニーはトリエント公会議で禁止されたが、にもかかわらず雀ミサ(サンクトゥスとベネディクトゥスのヴァイオリンのさえずりのようなモチーフによって名づけられた)においては、しばしば使われ、グロリアとクレドでグレゴリオ聖歌に相当する部分よりも時間が短くなった」という訳になるかと思うのですが・・・実際には、グレゴリオ聖歌はグロリアとクレドの曲の冒頭でほんの数秒歌われるにすぎず、ポリフォニーの部分の方が長いのです。私の訳が間違っているのでしょうか?考えられる可能性は1.私の訳が間違っている2.私の解釈が間違っている3.ドイツ語から英語に翻訳した人が間違えて訳した4.私の知らないバージョンでは、グレゴリオ聖歌をもっと長く歌うという4つが挙げられるかと思いますが、3と4はまぁまずないと思います。一応この部分のドイツ語も書いておきます。 Diese Form der Polytextur war zwar seit dem Konzil von Trient verboten,fand jedoch immer wieder Anwendung und fu¨hrtebei der Spatzenmesse, die ihren Namen den zir-penden violinfiguren im Sanctus und im Hosannades Benedictus verdankt,dazu,dass Gloria undCredo beinahe weniger Zeit beanspruchen als ihreJeweiligen gregorianischen Fassungen.英文を読むのが久しぶりなもので、かなり苦戦しております。音楽の専門知識がないと訳せない部分も多いですが、どなたかわかる方がいらっしゃったら、よろしくご回答お願いいたします。
スポンサーサイト

Appendix

ショッピングリンク


カテゴリー

最近の記事

スポンサードリンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。